結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

披露宴から二次会に行くのであればお店によっては洋服を用意する

スポンサーリンク

披露宴に参加し、その後二次会にも顔を出すという人は多いでしょう。

 

どこかで時間を潰して二次会の時間になったら会場に出向くという場合が多いと思いますが、比較的カジュアルなお店で二次会自体もカジュアルな雰囲気を重要視するような意向が主催側にあるのであれば、それに合わせて披露宴で着たものとは別の洋服を用意しておいてもいいのではないでしょうか。


スーツからスーツへ、又はドレスからドレスへ着替えるのはそれなりに大変でしょうから、少しカジュアルなスタイルを用意しておくことで、二次会のお店の雰囲気に合わせることが出来ると思います。

 

披露宴よりも二次会の方が豪華な服装になるということはないでしょう。

 

というよりも、そんなことがないようにしなければならないのですが、お店によっては別の洋服を用意しておくことで、気持ちも新たに参加出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スーツそのものを変えないまでも、例えばネクタイを別の柄に変えたりベストを着用したり、ポケットチーフを加えたり変えたりすることで披露宴の時とは雰囲気を変えることもできます。

 

ラフな二次会であればネクタイを外してメガネをかけるなどしても良いかもしれません。


女性の場合でもバッグを変えたり、また上から一枚羽織ったりするだけで雰囲気を変えることが出来るでしょう。

 

ネックレスなどを変えるのも効果的です。

 

主役はあくまでも新郎新婦ですが、可能な限りオシャレをしたり、お店によって雰囲気を変えることは二次会ならではの楽しみとして考えてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加