ストッキングに決まりはあるの?

スポンサーリンク

結婚式二次会に出席するとき、女性はパンツスーツでも失礼には当たりませんが、ワンピースやスカートにする方が無難です。
スカートの丈は、長すぎず短すぎず、ひざあたりの長さが好まれます。
大人の女性のマナーとして、自分の足が一番きれいに見えるスカート丈は把握しておきましょう。


スカートの場合、ストッキングを着用が必須だとされています。
披露宴や結婚式二次会に参加するとき、ストッキングにはいくつか決まりごとがあるので注意が必要です。
まずは、真夏でも素足は禁止、といわれています。
ただし近頃は、二次会から参加する人の中には、素足ということも珍しくないようです。
次に色ですが、ストッキングは肌色が基本で、黒はNGだといわれます。

スポンサーリンク

黒は喪を連想させる不吉な色なので、おめでたい席である結婚式には基本的に避けた方が良い色とされているからです。
けれども、最近は光沢のあるデザイン性の高いもので、小物で華やかさを演出するのなら黒い衣服でもOKとなってきていて、結婚式二次会ならば黒いストッキングで参加する人も増えてきているようです。
周囲の人と相談して、問題ないと判断した場合は構わないでしょう。


編みタイツもお祝いの席には下品なので禁止とされているので、やめておきましょう。
柄物も原則禁止です。
ただし、足首にラインストーンをあしらうなど、上品なワンポイントが入っているものなら問題ないでしょう。
ラメが入っているものも、さりげないものなら大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加