結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

【男性】二次会の服装はスーツが一般的

スポンサーリンク

女性は結婚式の二次会に着ていく服装にそれなりの幅があるのですが、男性の場合は基本的にはスーツを着用することになります。

 

今現在の日本ではこれ以外の選択はほぼないと言ってもいいでしょう。

 

もちろん主催者側の指示でカジュアルな二次会を目指す場合にはスーツ以外のカジュアルな服装でも許される場合がありますが、特別断りがない限り男性はスーツを着用して二次会に参加することになります。


スーツであれば何でも良いというわけでもありません。

 

派手なカラーのスーツはもちろんNGです。

 

基本的には黒のスーツで臨むようにしましょう。

 

真っ黒ではなくても濃いめの色であれば二次会の場合は問題ありません。

 

ネクタイの色は黒以外であればそこまで神経質になる必要はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スーツの形状があまりにも崩れているものも避けた方が無難です。

 

仲の良い知り合いが多く集まるような場所であれば多少は許されるでしょうが、知り合い以外の多くの人が集まるような二次会であった場合は通常の形状、丈、そして黒いスーツを着て行くことをお勧めします。

 

オシャレはネクタイやポケットチーフ、メガネ、シャツなどで遊ぶようにし、スーツ自体はあまり特殊なものを選択しないようにしましょう。


日本という事を意識して羽織袴などで二次会に参加してみようと試みる人もいるかもしれませんが、これも出来る限り避けてください。

 

今の日本では羽織袴は新郎よりも目立った格好になってしまいます。

 

何よりも周りからの注目を集めてしまうことになるので、新郎が主役になる結婚式の二次会には不向きな格好であると言えます。

 

厳かさを出したい気持ちがあるのかもしれませんが、既に時代にマッチしない服装になっているので、やはり二次会にはスーツを着用するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加