結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

二次会から参加する場合でお祝いしたいなら現金ではなく品物がよい

スポンサーリンク

二次会から参加する時に、会費とは別にお祝いを渡したいと考える人もいるのではないでしょうか。

 

基本的には二次会に必要になる会費以外にはお祝いは渡さなくてもいいというのが一般的なマナーになっています。

 

しかし、披露宴になんらかの都合で参加できなかったり等の理由で、またはしっかりとした形でお祝いを渡したいと思うことは悪いことではないですし、その気持ちが強いのであれば会費とは別にお祝いを渡してもいいのではないでしょうか。


その時に気を付けなければならないことがあります。

 

まずは、出来るだけお祝い金、つまり現金という形で渡すのは避けるようにするということ。

 

二次会におけるお祝い金は会費の中に含まれていると考えられているので、敢えて別に現金を渡す必要はありません。

 

失礼になることはありませんが、お金というのはとてもデリケートな存在なので、その気持ちだけで新郎新婦には十分なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お祝いを渡す場合は現金ではなく品物を用意するようにしましょう。

 

品物であれば現金よりも相手側に気を遣わせなくて済みます。

 

もちろんあまりにも高価な物は避けるようにする必要があります。


とても仲が良く、そして以前に高価なお祝いをもらった経験があるのであればそれに見合うような物を返してもいいのでしょうが、それ以外の場合は控え目な価格の物をお祝いとして渡すと喜ばれるでしょう。

 

二次会の最初よりも、二次会終了時か、または二次会とはまた別の日に渡す方がいいかもしれません。

 

新郎新婦に気を遣わせないことを考えるのと同時に、二次会に参加している人に気を遣うことも考えてお祝いの品物を渡す必要があるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加