結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

ファッションはあくまで正装に近い服装で行く

スポンサーリンク

二次会では新郎新婦側、さらに幹事などが気を遣ってくれる場合が多々あります。

 

『どんな服装で訪れたらいいのか』と質問しても『何でも良い。気にしないで』と返ってくることが多いのではないでしょうか。

 

これはただ単に気を遣ってくれているだけで、決して何を着ていってもいいというサインではありません。

 

必ず正装、もしくは正装に近い服装で二次会には参加するようにしてください。


もし迷っているのであれば、尚更正装にした方がいいでしょう。

 

二次会はほぼ全員が正装で訪れる場合が多く、カジュアルな格好をして行ってしまうと一人だけ浮いてしまう可能性が非常に大きいです。

 

そうなると、何となく居場所が無くなり二次会を心から楽しめなくなってしまうので、やはり出来るだけ正装を心がけるようにした方が上手く乗り切ることが出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

二次会の招待状には『平服で…』という文言が書かれている場合があります。

 

これはカジュアルでOKという意味にも取れますが、他に特別に記載が無い場合は『気軽にお越し下さい』の意として捉えて間違いないでしょう。

 

つまり服装がカジュアルでも構いませんということではなく、気楽な気持ちでお越し下さいという意味であり、あくまでも主催者側の気遣いなのです。


この場合も、スーツやワンピースなどの正装に近い格好で訪れるようにしましょう。

 

『カジュアルな格好でお願いします』など、よほど特別な形で通達がない限り、やはり正装かそれに近い服装で訪れなければなりません。

 

それが日本における結婚式の二次会に参加する際のマナーであると心得ておきましょう。

 

そうすれば、まず間違うことはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加