結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

【女性】パールでもブラックパールはタブー

スポンサーリンク

結婚式の二次会と言えば、主役はあくまでも新郎新婦です。

 

それは当然踏まえた上で、しかし女性であれば出来るだけオシャレに着飾ってそのような場に足を運びたいと考えるものです。

 

新婦を目立たせなくしてしまうくらいの派手な格好は控えなければなりませんが、それなりにオシャレな格好をするのは許されます。


しかし注意しなければならないこともあるでしょう。

 

女性はパールのネックレスをドレスなどに合わせる人も多いと思います。

 

パールのネックレスと言っても形状や大きさ長さなどはまちまちですが、通常のホワイトパールであればどんな形状のものでもさほど問題はありません。

 

避けて欲しいのはブラックパールです。

スポンサーリンク

新婦に気を遣い、出来るだけ目立たない格好をしなければという意識が強い人に多いようですが、ブラックパールというのは悲しみを表現する時に着用したり、縁起があまりよくないというイメージを持つことがあるので、結婚式の二次会の席には適さないと考えた方がいいでしょう。

 

自分の持っているドレスにはブラックパールが似合うから、という理由で着けていく人もいるかもしれませんが、基本的にはタブーとされているので、結婚式の二次会では違うネックレスを着用するようにしましょう。


ネックレス以外も同じです。

 

ブラックパールのイヤリングやブレスレット、時々コサージュの中にブラックパールがあしらわれているようなものも目にすることがありますがこれも結婚式の二次会では着けていくのを避けるようにしてください。

 

それがドレスに最もマッチしたとしても、そもそもお祝いの場に似つかわしくないアイテムですから、他のもので代用するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加