結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

二次会から参加した人たちを優先しましょう

スポンサーリンク

披露宴に参加した人はその披露宴という場で新郎新婦とある程度接触しお祝いをたくさんしていると思います。

 

大きな披露宴となるとなかなか接触できなかったりもしますが、しかし二次会からしか参加できない人よりはお祝いをするという面では一つの役割を果たしたとも言えるので、二次会では是非、その会から参加した人にさまざまな面で譲るようにしてください。


新郎新婦と話したり写真を撮ったりしたい人もいるでしょう。

 

二次会から参加をした人は披露宴でそういった行為が出来ていないわけですから、やはり披露宴に参加した人は出来るだけ譲る心を見せるようにしたいですね。

 

とても細かい例かもしれませんが、例えばゲームの定番であるビンゴを行っていて、披露宴から出席していた人と二次会から参加をしていた人が同時にビンゴになった場合はやはり前者の人が後者の人に順番なり良い商品なりを譲るようにしてみましょう。

スポンサーリンク

男性が女性に譲るという構図にもなるかもしれませんが、同性であった場合はそういった基準で譲り合いをすると、お互いに良い気分で二次会を楽しむことが出来るのではないでしょうか。

 

二次会から参加した人は披露宴を楽しむことが出来ていないわけです。


言わば、その二次会という場が披露宴と似たような役割を担うわけですから、披露宴に参加をした人はそういった意識を持ち欲張らないようにしたいものです。

 

新郎新婦の晴れ姿を初めて見るのが二次会の人もいます。

 

その気持ちを汲むことが出来ればみんなが楽しめる一日になることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加