結婚式二次会の予算について

スポンサーリンク

結婚式二次会に参加する側としては、正直会費は安い方がうれしいですよね。
満足できるだけの食事をと飲み物を準備して、会費をできるだけ抑え、可能な限り豪華な景品を準備するのが、幹事の腕の見せ所です。
結婚式二次会の会費を決定するためには、まずは予算をたてなくてはいけません。


結婚式二次会の予算は、会場費、参加人数、景品によって決まります。
会場を借り切って行われる結婚式二次会の場合、参加人数が多ければ多いほど会場費を抑えることができます。
立食スタイルの出入り自由な結婚式二次会の場合、予定した人数をきちんと集めることができるか、実際に開催するまでわからないので、幹事は本当に大変です。
参加者は、そんな幹事の気持ちを汲んで、できるだけ協力しましょう。

スポンサーリンク

当日にドタキャンするなんてことは社会人として問題外です。
今回は一参加者かもしれませんが、自分が幹事を務める日もいつか必ずやってきます。
そのことを考えて、勉強させてもらうくらいの気持ちで結婚式二次会に参加する姿勢も大切です。
その前に、実際の幹事は誰か、ということが肝心です。


新郎新婦が幹事になるか、友人が幹事になるかで結婚式二次会でどちらがもてなされる側なのか変わってきて、結婚式二次会の目的が変わってきます。
新郎新婦が友人に幹事を依頼する場合が多く、どちらが主役なのかどっちつかずの中途半端な会になってしまうこともあります。
それを避けるために二次会を開かない、というカップルも最近は多いようです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加