和装で結婚式二次会に参加

スポンサーリンク

最近は若い女性の間で、自ら着付けを行い、日常的に和装を楽しんでいる人も多くなっています。
結婚式二次会などのパーティーの装いに和装で出かける人も増えています。
鮮やかな着物姿は、パーティーに花を添えることになるので、ぜひ着物でのお出かけをおすすめします。


自ら着付けができなくても、パーティードレスのネタが尽きたときは、着付けをお願いしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
披露宴に参加する場合、未婚ならば振り袖、既婚ならば留袖や訪問着が一般的ですが、結婚式二次会にそのスタイルは格が高すぎる心配があります。
華やかな小紋や、夏場なら絽や紗の素材のものが無難です。
粋な着こなしとして、季節感先取りを心がけるのも着物を楽しむ醍醐味です。

スポンサーリンク

夏のカジュアルな結婚式二次会でも、浴衣は普段着扱いなので着用しない方が無難です。
着物で結婚式二次会に参加する場合、着物好きの間で意見が分かれるのは白大島の扱いです。
白大島は光沢があり華やかなのでパーティーに着て行っても問題ないという意見と、どんなに見た目が華やかでも大島は普段着であるので着るべきではないと、意見が対立しているのです。
新婦と着物仲間であるなど以外は、意見が分かれる衣装は避ける方が無難です。


着物で参加する場合、着物に対する知識や常識をしっかり把握しておかないと他人に違和感を与える原因になります。
参加者の悪評は新郎新婦の評価を下げることにもなるので、気を付けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加