友人が主催する結婚式二次会のスタイル

スポンサーリンク

近頃の結婚式二次会は、新郎新婦の友人が主催して行われることが多いようです。
かつては結婚式二次会の幹事は、新郎の友人が行うのが当然だとされていたこともあります。
しかし、今はそれが当然だという考えは薄れてきており、新郎新婦が主催する場合もありますが、新郎と新婦、それぞれの同性の友人にお願いして数人で幹事をしてもらうことが主流になってきています。


この場合は、友人主催とはいえ、実質の幹事は新郎新婦ということになります。
友人が主催の場合は、主役は新郎新婦であり、大勢の知人が集まって盛大にお祝いするスタイルになります。
そのため、収容人数が多い、ダイニングレストランを借り切って行われることが多く、新郎新婦は招待される立場なので、費用は参加者全員で負担します。

スポンサーリンク

友人主催の結婚式二次会は、たくさんの人が出席するので、参加者にとっては出会いのチャンスであるというメリットがあります。
そのことを意識して、結婚式二次会を盛り上げるゲームも、ただのビンゴよりも王様ゲームのようなゲームが人気なようです。


このように、参加者にとって新しい出会いが期待できるチャンスでもありますが、結婚式二次会はあくまで新郎新婦を祝福するためだということを忘れないようにしなくてはなりませんが、参加者全員に楽しんでもらえるというのが、新郎新婦にとってなによりのプレゼントになるので、あまり堅苦しく考えずに楽しい時間を過ごしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加