新郎新婦が主催の結婚式二次会の参加費

スポンサーリンク

結婚式二次会には、さまざまなスタイルがあります。
結婚式二次会を主催するのが誰かということが、スタイルを決定するようです。
新郎新婦が主催して結婚式二次会を開く場合、結婚式二次会の一番の目的は、今までお世話になった友人に、生涯のパートナーを紹介することにあります。


結婚式二次会を主催するのが新郎新婦の場合、参加者は招待客になります。
主催者側は、招待客に喜んでもらうために参加費をできるだけ低く抑え、足りない分は新郎新婦側が補てんしようとします。
招待客を喜ばせるように、新郎新婦持ちで豪華景品が当たるゲームを計画する場合も多いようです。

スポンサーリンク

けれども実際、新郎新婦は結婚式や披露宴の準備に忙しく、結婚式二次会の準備まで手が回らないことがほとんどで、新郎新婦の近しい友人が代わりに幹事をすることも多いようです。
友人を招待したいという新郎新婦の気持ちを尊重しながらも、友人たちとしても新郎新婦を祝福したいという、友人としての立場もある幹事の気持ちがまじりあって、どっちつかずになり、中途半端な結婚式二次会になってしまう恐れがあります。


そうならないようにも、新郎新婦と幹事の意思疎通はしっかりとしておくことが大切です。
幹事を引き受けた場合、どんなに新郎新婦が忙しくてもコミュニケーションをきちんと取り、主役の意向を十分に生かした結婚式二次会にする責任があります。
双方が満足できる素敵な結婚式二次会になるようにがんばってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加