結婚式二次会で避けた方が良い服装

スポンサーリンク

正式なお祝いの席にはいろいろな決まりごとがあります。
人生において最も大切なお祝いの儀式である結婚式にもさまざまなしきたりやマナーがあるので、披露宴や結婚式二次会に出席するとなると服装について悩みますよね。
披露宴や二次会は、基本的に新郎新婦をお祝いするための場所です。
心から祝福することが一番大切です。


結婚式二次会は、披露宴より格式ばっていないので、難しく考えずに楽しんで参加しましょう。
ただし、マナーに基づいてできた絶対に守るべきオキテがあります。
これらのオキテの根底にあるのは、主役である新郎新婦より目立つことは避けつつ、祝福の気持ちを表す晴れやかな服装を心がける、ということです。

スポンサーリンク

まずは、披露宴でも二次会でも花嫁の色とされている白はNGです。
純白でなければ大丈夫といわれますが、夜の照明の下では、薄い色は白く見えてしまうこともあるので、夜に行われる結婚式二次会では白っぽい色は避けるべきです。
黒一色の衣装もよくないといわれています。
喪服を連想させますし、全体的に地味な印象になるからです。
ストールやなどの小物を明るい色にして、光る素材のものを身に着けるようにしましょう。


カジュアルな二次会も多いですが、平服OKといわれても、ジーンズで出席するのは避けて、ある程度のおしゃれを心がけましょう。
結婚式二次会は多様化しているので、そんなに気にしない人も増えていると思いますが、してはいけないことは避けた方が無難です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加