再婚の友人の結婚式二次会

スポンサーリンク

いろいろな結婚式が増えている今、再婚は珍しくありません。
再婚同士の場合は、入籍だけという人や二人だけで海外でひっそりと式を挙げてくる人もいます。
結婚は個人同士の問題ではなく、家と家とのつながりでもあります。
お披露目の意味でも結婚式をすることは悪いことではありません。


親戚が参列する披露宴はともかく、友人に祝ってもらう形になる結婚式二次会を自らお願いすることは気が引けるという人も多いと思います。
一度お祝いをもらったのに申し訳ない、と気が引けて言い出せないということもあるかもしれません。

スポンサーリンク

けれども、何回目だろうと結婚がおめでたいものであることには変わりません。
親族だけの結婚式でも、二人だけの結婚式でも、親友が二度目の結婚式を挙げるという場合は自らすすんで幹事を引き受けて、結婚式二次会を開きみんなで大切な友人の再出発を祝福してあげましょう。


人にはいろいろな事情があるので、もしかしたら相手が初婚の場合、パートナーが二度目の結婚であるということを知らないという可能性があります。
だから、「今度こそはしあわせになってね」などというようなデリカシーのない言葉を言わないようにしましょう。
結婚式や結婚式二次会には、服装にもいろいろなマナーがあるように、言葉にもマナーがあり、「重ね重ね」など縁起が悪いので使ってはいけないとされている言葉があります。
初婚同士が結婚する場合よりもいっそう言動に気を使いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加