着席スタイルの結婚式二次会の料理

スポンサーリンク

結婚式二次会は、大勢の人が参加するレストランかダイニングを貸し切っての立食パーティーというスタイルで行われることが多いようです。
けれども最近は参加者を限定して着席スタイルで行われる結婚式二次会も注目されています。


結婚式のスタイルが多様化して、超豪華なセレブ婚を挙げる人もいれば、シンプルなカジュアル婚を挙げる人もいます。
披露宴が多様化したので、結婚式二次会も当然多様化するようになってきたのです。
披露宴はあくまで新郎新婦の招待で、ご祝儀はほんの気持ちで十分です、と口では言いながらも、会場代と料理と引き出物で最低一人3万ご祝儀をもらわないと赤字になる、と考えるのは何かおかしい、それならばはじめから会費制の披露宴が良いのではと、従来の披露宴のシステムに疑問を持つ人も増えてきたのです。

スポンサーリンク

参加する方としても、中途半端なお料理に必要のない引き出物を渡されて、合計3万円払うよりも、会費制の披露宴の方がよほど楽しめる、と考える人も多くなってきています。
このような双方の考えから生まれたスタイルが、挙式は親族だけでして、親族の顔合わせとして披露宴を行い、親友や職場の同僚は会費制の結婚式二次会に招待するというものです。


この場合、お料理がなによりのもてなしになるので、会場は高級レストランの一室で行われることが多いようです。
ご祝儀よりも安い会費で一流シェフの料理を楽しめるので、参加者は大満足間違いありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加