結婚式二次会とお酒

スポンサーリンク

結婚式二次会のようなお祝いの席にはお酒は欠かせません。
大抵の場合パーティーは乾杯から始まります。
結婚式二次会は、お酒をたくさん飲むための会ではありませんが、お酒が足りない、というのも結婚式二次会に対する不満につながりますので、なるべくなら飲み放題プランで全員にお酒が行き渡るように配慮しましょう。
パーティーにおいては、足りないよりは余る方がよいのです。


しかし、参加する方のマナーとして、結婚式二次会の進行を妨げたり、お店に迷惑をかけたりするほど泥酔するようなことは決してしてはいけません。
結婚式二次会で何か問題が起きると、それはすべて新郎新婦の責任になります。
新郎新婦の一生に一度の思い出の日を台無しにしないような大人の振る舞いが必要です。

スポンサーリンク

結婚式二次会で参加者に要求されることは、新郎新婦を祝福して楽しい時間を過ごしてもらうことです。
幹事もそのことを念頭に置いて二次会のプログラムを組んでいるので、新郎新婦に気を配りながら司会者の進行に従って行動をしていたら、お酒をだらだらと時間なんてないはずです。


結婚式二次会に参加するすべての人は、パーティーを円滑に進行させて、新郎新婦に楽しい時間を過ごしてもらうように協力する義務があります。
もし、周りに、人の輪に入っていけず、時間を持て余してお酒を飲み続けている人を見つけたら、酔いつぶれる前に話しかけて、お酒を飲む時間を与えないようにするのも大人のパーティーマナーです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加