結婚式二次会に参加するときの持ち物

スポンサーリンク

結婚式二次会は、披露宴よりも堅苦しくないとはいえ、おめでたいお祝いの席なので、服装や持ち物についても気を配らなくてはいけません。
平服OKと招待状に書かれている場合でも、本当に普段着で行くことはマナー違反だと思っておいた方が良いでしょう。


結婚式二次会は、新郎新婦を祝福するためのパーティーであると同時に、長く連絡をとりあっていなかった友人と再会や、初めて会う人との出会いの場でもあります。
結婚式二次会というおめでたい席の特別なオーラのおかげで、新しい付き合いに発展することも少なくありません。
連絡先の交換や、スケジュールをチェックするためのアイテムも必須です。

スポンサーリンク

最近は、スマートフォンをスケジュール帳やアドレス帳かわりに活用している人も多いと思いますので、その分持ち物がスリムになるのはありがたいですね。
また、カメラも携帯で代用できます。
最近の携帯内蔵カメラはかなり高精度なので、いちいちデジカメを持ち歩く必要はありませんが、一眼レフをお持ちの方は是非持参して、積極的に写真を撮ってあげたらよろこばれますよ。


女性のパーティー用バッグはあまりものを収納するのに適しませんし、男性はそもそもバッグを持たない人も少なくありません。
なるべく荷物をすくなくするためには、財布にも工夫が必要です。
結婚式二次会参加費を含む必要最低限のお金とカード用のも小ぶりな財布を準備しておくとよいでしょう。
小銭も多少持っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加