身内の結婚式二次会への参加

スポンサーリンク

結婚式二次会は、基本的に友人や知人が参加する披露宴より少し砕けたパーティーです。
親族が参加することはめったにありませんが、皆無ではありません。
仲が良く年が近くて共通の友人がいる兄弟姉妹やいとこが結婚式の二次会に参加することはよくあります。
ときには年配の親戚の方が参加することもあるようです。


ただし、やはりトラブルが発生します。
トラブルが発生するのは年配の親戚の間とではなく、歳の近い兄弟姉妹やいとこの場合です。
結婚式二次会に参加している人は、まさか親族が参加しているとは想像もしていません。
そこで、お酒の勢いなどで、うっかりと主役である新郎新婦の悪口や、異性とのトラブルを口にしてしまい、親族に聞かれてしまう、ということです。

スポンサーリンク

聞いてしまった方としては、大切な姉妹の悪口を言われること、姉妹がそんなことをいわれるような行為をしていたかもしれないというショックで立ち直れなくなります。
それ以来今まで通り接することができなくなった、という話もあります。
いかにも親族と一目でわかる場合は、友人もそんなことを口にしたりはしなかったことでしょう。


悪い噂がうっかり親族の耳に入れてしまうというトラブルを防ぐためにも、幹事は親族が参加しているということを、会のはじめにアナウンスしておくとよいでしょう。
また、結婚式二次会に参加する人の最低限のマナーとして、お祝いの席で主役の悪口やよくない噂は絶対口にしてはいけません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加