男性の結婚式二次会の靴のオキテ

スポンサーリンク

披露宴や結婚式二次会は、楽しい場所ですが、服装やお祝いの仕方など、いろいろと考えなくてはいけないから大変ですよね。
男性は服装のバリエーションが少ないので、女性に比べたら選択の余地が少ない分、楽だといえます。
常識やマナーを考えて服装を選んだら失敗することはないでしょう。


最近は挙式と披露宴は親族のみで行われ、結婚式二次会は友人だけでカジュアルに行われることも少なくありません。
この場合は、ガチガチのフォーマルにする必要はありません。
招待状に「平服でお越しください」や「デニムOK」などと書かれていることもあります。
実際にジーンズで参加した経験がある人もいるかもしれません。
けれども、「平服」の意味は、本当に普段着に来てください、という意味ではなく、正装する必要はありません、という意味だととらえておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

礼服までは着なくても、きちんとしたスーツ姿が無難です。
結婚式二次会は、お祝いの席です。
お祝いの席は華やかに、が基本です。
黒ではなくダークカラーのスーツや、明るい色のネクタイを選ぶなど、ビジネススタイルとは差を付けましょう。


靴に関しても同様です。
服装の格に合わせて選択したら問題ありません。
礼服でないスーツの場合は、革靴でOKです。
カジュアルなパーティーならば、靴の色は無難に黒でも、濃いブラウン系でも大丈夫です。
どちらの場合も靴下は黒が好ましく、当たり前ですが靴はきれいに磨いておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加