結婚式二次会にNGな靴

スポンサーリンク

披露宴や結婚式二次会の服装にはいくつかタブーがあります。
その基本は、主役である新郎新婦よりも目立つ格好はしない、ということにあります。
具体的には、白は主役の色なので、ゲストは着用しない、黒は喪服を連想させるので、全身黒で統一した服はやめる、黒を選ぶ場合は、光沢のある素材のものにし、アクセサリーやストールは華やかなものにする、などです。


結婚式二次会は、新郎新婦もかなりカジュアルなので、新郎新婦よりも目立つ格好にならないように気を付けなければなりません。
素材のチェックも重要です。
ハチュウ類の皮は殺生を連想させるのでNGとされています。
どんなに高価なブランドであっても、パイソンやクロコダイルはやめましょう。

スポンサーリンク

服装と靴のコーディネートは、おしゃれの重要なポイントです。
コーディネートには、両方の格を合わせることが大切です。
例えば、ブーツやサンダルは、カジュアルな靴なので、結婚式二次会のようなおめでたい席には合わないものとされています。
ミュールもサンダルと同じものなので、基本的にダメだといわれています。


しかし、結婚式二次会には、いろいろなスタイルがあります。
ダイニングバーなどで行われるカジュアルな立食スタイルの結婚式二次会で、夏に行われる場合は、涼しげなストラップのついたミュールや、オープントゥの靴でも大丈夫だといわれています。
服装と靴を決める前に、どのようなスタイルのパーティーか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加