結婚式二次会の会費の渡し方

スポンサーリンク

結婚式二次会は、たいてい会費制で行われます。
結婚式二次会の会費は、お祝い金に相当するといわれています。
だからといってご祝儀袋に入れて持っていく必要はありません。
受付でお釣りのないように渡すのがスマートです。


結婚のご祝儀は、当日に受け付けに渡すのではなく、事前に渡すのがマナーといわれていますが、結婚式二次会の会費は当日受付で渡すので問題ありません。
ご祝儀は袱紗に包んで渡すのが常識ですが、結婚式二次会会費は袱紗を使う必要はありません。

スポンサーリンク

このように、結婚のご祝儀と結婚式二次会の会費は混同されていて、中には「結婚式二次会会費は祝儀袋に入れて水引をしなくてはいけない」や「会費よりも少し多めに包む必要がある」などとまことしやかな話を信じている人もいるようです。
結婚式二次会や披露宴に関するマナーや常識は、インターネットで調べることができますので、一度チェックしておきましょう。


これらのまことしやかな噂話は、結婚のお祝いが結婚式二次会の会費だけでは少ないような気がして、何かしてあげたい、という気持ちがあるから、何か気持ちを表したい、と感じているからこそ流布しているのでしょう。

お祝いの気持ちを表現するために、披露宴に参加していなくてもご祝儀を渡すこと自体は問題ありません。
その場合は新札を水引のついた祝儀袋に入れて、新郎新婦に直接手渡してください。
渡す金額も間柄によります。
間柄によっては、現金を渡すと恐縮されることもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加