異性の友人の結婚式二次会

スポンサーリンク

異性の友人を自分の結婚式二次会に呼んだり、自分が異性の友人の結婚式二次会に出席したりするのは、相当の気配りが大切です。
本当ならばそのどちらもするべきではありません。


サークルで複数の男女で交流があって、その中の誰とも特別な交際をしていない場合や、会社の同じ部署の同僚、など、はっきりと関係を説明できるもの以外は、あらぬ誤解を避けるためにも異性の友人を結婚式二次会に呼んだり、自分が異性の友人の結婚式二次会に参加したり、ということは避けた方が良いようです。

スポンサーリンク

披露宴に至っては、仕事で関係がある人以外の異性は呼ばないというのがマナーです。
結婚式二次会でも、のちのちトラブルになる恐れがあるので、共通の友人という以外、異性の友達は呼ばない方が無難です。
大切なお友達でどうしてもお祝いしたいというときは、結婚式当日以外に直接お祝いを渡す、あるいはお祝いの品を贈ったり、電報を打ったりする程度にとどめておきましょう。


最近ちらほらと聞かれるのですが、参加する方も参加する方ですが、元彼や元彼女を結婚式二次会に呼ぶのは問題外です。
元彼を結婚式二次会に呼ぶことに肯定的な人の中には、昔は確かに男女の関係だったけれど、今はただの友達だから問題ない、と言い切る人もいますが、同じことを夫になる人に言われたらどんな気持ちがするのでしょうか。
結婚という人生の大切な節目に、自ら自分の評判を落とすようなことをしてはいけません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加