結婚式二次会にNGな服装はあるの

スポンサーリンク

結婚式二次会に出席するときは、基本的に披露宴に準じた服装をしておけば問題はありません。
披露宴より少しカジュアルな服装を意識するようにしたらほとんどの場合は大丈夫なようです。
ただし、結婚式二次会には、高級レストランやホテルのバンケットを貸し切って行われるフォーマルなものから、居酒屋やカラオケボックスで行われるカジュアルなものまで、実に様々なスタイルがあります。


つまり、披露宴とほぼ同様の格式の服装が求められることもあるし、普段の飲み会とそれほど変わらないものもあるのです。
きちんとした服装で、お祝いの気持ちを表現することはとても大切なマナーの基本ですが、周囲と比べてフォーマルすぎるのもカジュアルすぎるのと同様に場のムードを壊してしまいます。

スポンサーリンク

どちらの場合も、自分自身の評価を下げてしまうだけでなく、主役である新郎新婦の評判も悪くしてしまう恐れがあります。
なによりも、楽しくありませんよね。
ファーやクロコダイルなど、動物素材のものや、どんなに高価な服であっても、素材がコットンのものは、お祝いの席にはふさわしくないといわれています。
ジーンズなども、披露宴には問題外です。


ただし、仲間内で行われるとてもカジュアルな会で、「デニムOK」といわれている場合はその限りではありません。
どのようなスタイルの結婚式二次会が行われるのか確認し、常識的なマナーを心がけておけば、心置きなく結婚式二次会を楽しめるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加