結婚式二次会の服装マナー

スポンサーリンク

結婚式二次会は、たくさんの人に出会うチャンスです。
友人同士の場合もあれば、職場の先輩や上司、時には親族も参加する場合もあります。
特にフォーマルな二次会に新郎新婦の友人として参加する場合、あなたを通して新郎新婦の評価につながる場合があるので、気をつけなくてはいけません。
特に大切なのは服装です。
服装は人柄やその人の価値観を表します。
最低限のマナーを守りましょう。


ところで、結婚式二次会における最低限のマナーとはどんなものでしょうか。
基本的に、披露宴のマナーと同様だと考えておけば間違いないようです。
つまり、主役である新郎新婦よりも目立つ服装はしない、肌は露出しすぎない、おめでたい席で縁起が悪いとされているファーは避ける、オープントゥや、ストラップのないミュールは避ける、などです。

スポンサーリンク

しかし、最近は結婚式二次会にもいろいろなスタイルがあります。
居酒屋やカラオケボックスなどで行われるとてもカジュアルな二次会もあり、その場合はあまりフォーマルすぎるとかえって浮いてしまいます。
二次会の趣旨によっては、デニムOKな場合もあります。


マナーを守るためには、どのような会なのかを知っておくのは不可欠です。
幹事や出席者に確認しておきましょう。
マナーは、周囲を不快にさせないで、楽しい時間を共有するためにあるものです。
最低限のマナーを守って、参加者全員で楽しい結婚式二次会を過ごすように配慮したら問題ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加