結婚式二次会の出席をキャンセルする場合

スポンサーリンク

結婚式の案内は式の2,3か月前になされます。
2,3カ月もあったらいろいろな出来事が起こります。
披露宴や結婚式二次会参加への案内をもらった時は問題なかったけれど、その後いろいろな事情が発生してキャンセルしなくてはいけない場合があります。


披露宴や着席スタイルの結婚式二次会の場合、空席にしておくわけにはいかないので代わりに参加してくれる人を探すか、席次表を考え直す必要があります。
そこで、参加できるかできないか何とも言えないという状況になった時点で、すぐに新郎新婦に連絡しましょう。

スポンサーリンク

参加できるかできないか、ギリギリまで返事を待ってくれるか、すぐに代理の人を探すかは、新郎新婦の判断に任せましょう。
自分から共通の知人を自分の代わりに参加させてもらうようにお願いするのもよいでしょう。
美術館や博物館、高級レストランなど、特別な会場で行われる結婚式二次会は、たとえ立食スタイルであっても参加者人数を減らすことが難しく、代理の人を探す必要があるので、早めに新郎新婦に報告しましょう。


もう少しくだけた、多少人数が変動しても立食スタイルの結婚式二次会の場合は、直前まで猶予があるので、このスタイルの場合なら、ギリギリまで判断を待つことができます。
この場合でも、出欠が決まり次第幹事に連絡しましょう。
幹事や新郎新婦になるべく手間をかけさせない、というのも結婚式二次会参加者が守るべき大切なマナーです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加