結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

【男性】黒のネクタイは柄が入っていても着用しない

スポンサーリンク

男性は女性と比べるとお祝い事の場に何を着ていこうかさほど悩まないようです。

 

形状がある程度決まっており、よほどオシャレな人でなければあまり気にせずに普段着用しているようなスーツでも結婚式の二次会に参加することが出来るので女性よりも楽なのかもしれません。

 

しかし何も気にせず、家にあるものを適当に身に付けていけばいいというわけでもないので、結婚式の二次会に出席する予定のある人は自宅にあるもので問題がないかチェックしておくようにしましょう。


男性の場合、ネクタイに少々気を遣う必要が出る場合があります。

 

基本的にはスーツやシャツの色や柄と合っていればどんなネクタイでも問題はありません。

 

しかし、黒のネクタイだけは避けてください。

 

例え柄が入っていても黒のネクタイというのは着用しないのが結婚式の二次会でのマナーです。

スポンサーリンク

黒のネクタイというのは弔事の時に着用されるもので、お祝いの席には似つかわしくありません。

 

結婚式の二次会では絶対に避けなければならないネクタイの色ですし、黒のネクタイを着けて二次会に参加してしまうと周りから白い目で見られてしまうので気を付けましょう。

 

黒のネクタイしか持っていないという男性はほとんどいないと思いますが、結婚式の二次会であればネクタイを着用していなくても許される場合が多いです。


黒のネクタイしかタンスに入っていない場合はネクタイを着けずシャツのボタンをひとつふたつ外した形で参加してもいいのではないでしょうか。

 

ポケットチーフなどを入れていけばネクタイを着けていなくてもだらしないという印象を与えずに済みます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加