ネクタイとポケットチーフのマナー

スポンサーリンク

結婚式の時の男性のおしゃれとして、ポケットチーフの装着があります。
ポケットチーフの本来の使い方とは直接結びつかないかもしれませんが、日本の結婚式におけるポケットチーフの使い方にはいくつか独特なルールがあります。
友人代表として結婚式披露宴に参加する場合のネクタイとポケットチーフの組み合わせとして一般的とされているのが、シルバーのネクタイに白のポケットチーフです。


この組み合わせはかなりフォーマルだとされているので、結婚式二次会に参加するときは、ネクタイは変えた方がよいとされています。
けれども最近は披露宴や結婚式二次会では、ネクタイはピンクや水色など明るい色を着用し、ポケットチーフは同色のものも問題ないといわれています。
人によって、ポケットチーフはネクタイに限らず白に限る、といわれるところもあるようです。

スポンサーリンク

せっかくおしゃれしてもルール違反かもしれないと思ったら、心から結婚式二次会を楽しむことができなくなります。
地方によって常識が異なる場合もあるので、周辺の人に確認したら安心して参加できますね。


ただし、一般的に結婚式二次会だけに参加する場合は、ポケットチーフは必須アイテムではありません。
必須ではありませんが、せっかくのお祝いの席で楽しめるおしゃれのチャンスなので、興味のある人はいろいろな色や素材を組み合わせてみてください。
ポケットチーフの素材や挿し方にもいろいろな方法があるので、ネットで検索してみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加