みんなで楽しい二次会を作り上げよう

スポンサーリンク

結婚式二次会の主役は新郎新婦です。
参加者の代表として主役を盛り立てるための企画をして、計画通りに遂行させるのが幹事の役目です。
けれども、結婚式二次会は新郎新婦と幹事だけで作られるのではありません。
主役と幹事を中心として、参加者全員が協力してはじめて結婚式二次会が成立するのです。


結婚式二次会に協力するためには、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか。
まずは、結婚式二次会に参加する主な目的は、自分が楽しむためではなく新郎新婦を祝福することがということを念頭に置きましょう。
もちろん新郎新婦や幹事はみんなで楽しめるような企画を考えてきているので、結果として楽しんでいた、というのはよいのですが、周りを見ないで自分だけ楽しむのはいけません。
そのためにも、司会者の言うことをきちんと聞き、ゲームには積極的に参加し、静かにするべきところでは沈黙し、盛り上げるべき時には盛り上げましょう。

スポンサーリンク

仲間内でかたまって私語ばかりするのは協力的な姿勢ではありません。
会の進行を妨げない範囲で、参加者と交流を持つことは構いませんが、内輪ネタや自分の話で盛り上げるようなことはしないで、共通の知り合いである新郎新婦を通した話題を心がけたらスマートです。


お酒を飲みすぎて羽目を外すのは問題外です。
飲み足りなかったら二次会以降に飲みなおしてください。
あくまで主役は新郎新婦です。
幹事でなくても主役が退屈していないか、楽しんでいるか常に気を配りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加