結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

【男性】新郎より目立つ格好は避けましょう

スポンサーリンク

披露宴にも言えることなのですが、結婚式の二次会においても、男性は新郎よりも目立つ服装をしてはいけません。

 

二次会から参加する人はもしかしたら、『新郎の服装がどんなものなのかわからないのに、それより目立たない服装なんて予測不可能』と思う人もいるかもしれませんが、常識的に考えて派手な格好や、結婚式の際に新郎が着るような服装でなければ問題ありません。


つまり、モーニングやタキシードなどは結婚式や披露宴の時に新郎が着る服なので、そういった服装を避ければ大抵は大丈夫でしょう。

 

サラリーマンをしている人は会社に着ていくようなスーツを着用すれば新郎より目立ってしまう心配はありません。

 

オシャレな人は赤ですとか白ですとか、そういった通常のスーツとはまた違った派手なスーツを持っている人もいるかもしれませんが、結婚式の二次会ではもちろんNGです。

スポンサーリンク

出し物の際に一時的に着るとなれば許されるケースもありますが、通常の参加者として二次会に出席する場合は、スーツの中でもこういった派手な、新郎よりも明らかに目を引いてしまうような格好は避けるようにしましょう。

 

オシャレをしたい場合は、ネクタイなどの小物で行なうことをお勧めします。


ネクタイのみであれば、どれだけ派手でもスーツと合っていればそこまで違和感を与えることはありません。

 

面積が大きい部分で派手な演出をすることは、披露宴はもちろん、二次会であっても御法度なので注意するようにしてください。

 

新郎や新婦の招待で二次会に訪れ、そして格好が新郎を凌ぐものだった場合、新郎や新婦の顔に泥を塗ることにもなりますから気を付けましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加