結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

【女性】新婦より目立つドレスは避けましょう

スポンサーリンク

結婚式の二次会の服装で、男性は新郎より目立つ格好は御法度なのですが、女性ももちろん新婦よりも目立つドレスは絶対に着ていってはいけません。

 

二次会でもドレスで登場することが多いのが新婦です。

 

新婦は、新郎よりも格好が派手と感じる場合が多いものです。


その日の主役なわけですから当然なのですが、もし女性が新婦よりも派手な格好をしていってしまったらひんしゅくものです。

 

度が過ぎれば二次会の会場にすら入れてもらえないかもしれません。

 

通常の感覚を持っている女性であればまず新婦をも凌ぐドレスをセレクトすることはないでしょう。

 

それでもオシャレ好きなのが女性ですから、どうしても派手な格好やいつもとは違う自分を出したいと思いがちです。

 

その気持ちをしっかりと抑えるようにしてください。

スポンサーリンク

披露宴に引き続き二次会は新婦が主役の場なわけですから、何よりも新婦を立てなければなりません。

 

自分は脇役に回るんだという自覚を持ってドレスを選ぶようにしましょう。

 

一見新婦よりも目立っていないドレスでも、例えばロングドレスなどは避けるのが二次会における服装の基本です。


さらにドレスは至って普通でも過剰な飾り付けも避けなければならないでしょう。

 

派手な花の髪飾りをつけたり、どこかの国の民族衣装などもまた違う意味で目立ってしまうので避けてください。

 

タイツなどを履く時も柄が派手な場合は結婚式の二次会には向かないので避けるようにしましょう。

 

女性はアレンジ次第で幾らでも目立つ格好が出来てしまうので、やり過ぎないように自重しながら二次会に着ていく服装を決めるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加