結婚祝いのプレゼントを渡すタイミング

スポンサーリンク

結婚式二次会だけに参加する場合、ご祝儀は特に必要ありません。
結婚式二次会の場合、会費がお祝い金のかわりになるからです。
ただし、お祝いの気持ちを伝えたいというときは、もちろんご祝儀をお渡ししても問題ありません。


けれども、受け取る方に恐縮されてしまうことがあるので、ご祝儀としてお金を渡すよりも、数人の友人とお金を出し合って何かプレゼントをする方が喜んでもらえるかもしれません。
金額は一人当たり2〜3000円が遠慮せずに受け取ってもらえる価格のようです。
相手に迷惑をかけないお祝いの品の渡し方は、結婚式の1週間前までに郵送するのが一番です。

スポンサーリンク

直接渡す場合も同様に、当日でなくて1週間前までに渡しましょう。
結婚式二次会の会場で手渡すのは、荷物になるのでかえって迷惑になる心配があるのでおすすめしません。
お祝いの品は、友人の好みがわかっているならお好きなものをプレゼントするのが一番です。
デザイン性の高い少し高価なキッチングッズは、新婚祝いの定番です。


夫婦で使える高級なバスソルトや石けん、使い心地の良いタオル、時計やデジタルフォトフレームも人気があります。
ただし、好みもあるのでデザイン性が高すぎるものは避けましょう。
自分で買うにはちょっと高価なので躊躇しているけれど、あったらいいな、と思うものがプレゼントに向いているものです。
何を贈ればいいか迷っている人は参考にしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加