結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

仲の良い人ばかりで固まらないようにしましょう

スポンサーリンク

結婚式の二次会会場に入ると自由に席に座っていい場合もあると思いますし、あらかじめ座る場所が決められている場合もあると思います。

 

受付で何か番号的な物を渡されてランダムに座るように促されることもあるでしょう。

 

もし自由に座っていい二次会だった場合は各々が好きな場所に座ると思いますが、出来るだけ仲の良い人ばかりで固まらないように注意した方がいいかもしれません。


新郎側の友人と新婦側の友人はそれぞれが固まってテーブルにつくことが多いと思います。

 

その中でも特に仲の良い人ばかりが集まって飲食をしてしまうということもあるのではないでしょうか。

 

気持ちはわかりますが、二次会は仲間内の飲み会とは違うので、出来るだけ散り散りに座るように心がけてください。

 

知らない人とも盛り上がることで二次会の意味が出てきますし、新郎と新婦も安心してその光景を眺めていることができます。

スポンサーリンク

仲の良い人ばかりで固まってしまうと身内でしかわからない話で盛り上がり、他のテーブルと温度差が生じてしまいます。

 

ある程度は仕方ないとはしても、やはり同じ会場で同じ新郎新婦を祝う二次会という場にいるわけですから、他の人も一緒に盛り上げる為にはやはり仲の良い人ばかりで固まるのではなく、新郎側新婦側も関係なく交流を図れるようにした方が二次会としては成功と言えるでしょう。


もし事前に座る場所がバラバラに設定されている場合、仲の良い人で固まるために番号を交換したりなどをする人もいるかもしれません。

 

大人であればこういった行動はせず、指示された通りに座るようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加