結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

幹事の仕事が手伝えそうなら進んで手伝う

スポンサーリンク

幹事をやる人は、責任感の強い人がいいでしょう。

 

最初から最後まで責任を持ってその会などを成功させるという意気込みを有している人が理想です。

 

もちろん段取り能力や統率力などもある程度は求められますが、気持ちが入っていなければ特に結婚式の二次会は良い会に仕上げられないのではないでしょうか。


しかし、気持ちが入っていても大変なのが幹事という仕事です。

 

結婚式の二次会を度々任される人というのはそんなに多くはないと思うので、多くの人は初めての幹事となり大変な思いをすることもあるでしょう。

 

一人で作り上げるのは困難なので多くの場合は数人が幹事として二次会を盛り上げることになるとは思うのですが、それでも予期せぬトラブルなどは起こるものです。

 

もしそういった場面に遭遇したら進んで手伝うようにしてください。

 

幹事と知り合いであるならば尚更で、ただの参加者という立場ではなく、他の人がその場を十分に楽しめるように幹事のお手伝いを率先して行いましょう。

スポンサーリンク

例え幹事と知り合いではなくても手伝えることがあるのであれば進んで手を差し伸べてあげてください。

 

手伝えることがあるなら、で構いません。

 

幹事ではないのに幹事のように振る舞ってしまったらそれはそれで二次会の雰囲気を乱すことにもなってしまうかもしれないので、あくまでも少し手を差し伸べるという感覚で手伝ってあげるといいでしょう。


最もやってはいけないことは、困っている幹事がいるのに傍観していることです。

 

主役は参加者ではなく新郎新婦です。

 

お呼ばれしている立場だからといってふんぞり返っているというようなことがないようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加