結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

披露宴から二次会に行く場合は時間は厳守する

スポンサーリンク

披露宴から二次会に行く場合、会場への行き方や距離、そして開始時間などによっては一度家に帰ったりする人もいるかもしれません。

 

一度家には返らないまでも恐らく披露宴から二次会までの間というのは結構時間が空くと思うので、どこかで食事をしたりお茶をしたりすることでしょう。

 

時間は厳守するようにしてください。


恐らく披露宴に一緒に出席した人と一緒に二次会の時間まで過ごすことになると思います。

 

複数人いれば時間を忘れたりすることはないと思いますが、しかし気心が知れた仲の人といるからこそお茶をしながら話が盛り上がり二次会が開始する時間に遅れてしまうということも100%無いとは言い切れません。

スポンサーリンク

一番良いのは、披露宴が終わってからすぐに二次会の会場へ移動し、場所を確認してしまうことです。

 

そしてその二次会の会場の近くの喫茶店やカフェなどで開始時刻まで時間を潰すという形にすればすぐに移動できますし、遅刻してしまうこともないでしょう。

 

二次会に使用するお店というのは基本的には何時までしか使用できないと決まっています。

 

その時間を過ぎてしまうと強制的に退店させられてしまうこともあるでしょう。

 

そんなことになれば幹事がせっかく用意したプランを全て終わらすことができず不完全燃焼で二次会をお開きにしなければならなくなってしまいます。


わざわざ遅刻する人を待っているとは思えませんが、それがかなりの数に上った場合はもしかしたら開始を遅らせるなんて事態になってしまうかもしれません。

 

一生に一度の結婚式の二次会です。

 

結婚した二人にとっては、二次会はもう経験することがないので、披露宴と同じくらい大切にしたいはずです。

 

そんな雰囲気を壊すことにもなるので、時間は必ず厳守するようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加