結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

招待状にジーンズOKと書いてある場合はカジュアル服で大丈夫

スポンサーリンク

主催側の意向で、出来るだけカジュアルな二次会を目指しているという場合があります。

 

仲間内のみで行われるような二次会である場合が多いのですが、それ以外でも披露宴はそれなりにかしこまった厳かな雰囲気にしたので二次会は敢えて気取らない雰囲気でやろうというところも増えているようです。


そういった二次会では招待状に服装のことに関して『ジーンズOK』と書かれている場合があります。

 

ジーンズがOKと書かれていれば大抵はどんな服装でも問題ないということになります。

 

カジュアルな服装でまとめて顔を出してみましょう。

スポンサーリンク

しかし、あくまでも気取らない二次会にしたいという考えを示す為に敢えて『ジーンズOK』と記している場合が多いです。

 

つまり、そう書かれていたとしても、だらしない格好や不潔感を与えるような格好はNGということになります。

 

破れたジーンズなどは避けるべきですし、カジュアルな格好でも大丈夫ですがラフ過ぎる格好だと浮いてしまう可能性もあるので、自分の為にもそれなりにしっかりとした格好で出席するべきでしょう。

 

ハワイなどで行われる場合は別ですが、日本国内の、至って普通の街中で行われる二次会であればハーフパンツなどのカジュアルスタイルも出来るだけ遠慮しましょう。


上もTシャツなどのみで登場すると疎外感を感じてしまうかもしれないので、カジュアル服でOKだと言われてもジャケットを用意しておくですとか、ドレスコードのあるレストランに入れるような格好で顔を出した方が、それなりに格好がつくのではないでしょうか。

 

普段着でいいとは言ってもあまり派手なものはNGです。

 

目立ち過ぎると新郎新婦の顔が立ちませんから、そのあたりはカジュアルOKの二次会でも弁えるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加