結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

二次会から参加する人はお祝いの品は持っていかないのがマナー

スポンサーリンク

二次会から参加する人は、新郎新婦に渡すお祝いの品は出来るだけ二次会会場に持参しないようにしてください。

 

そこでしか渡す機会がないという人もいるかもしれませんが、新居に送るという選択肢があることも考慮して渡す場所や場面を考える必要があります。

 

基本的なマナーとしてはやはり二次会にはお祝いの品は持っていかない方が良いと言えるでしょう。


新郎新婦は着替えを持っていたり花束を貰ったりなど、二次会でも少々荷物がかさばることがよくあります。

 

そこにお祝いの品をたくさん貰っていては、心は嬉しいでしょうが持って帰るのが非常に困難になってしまいます。

 

少しでも荷物を減らせるように、二次会ではお祝いの品を持って行かないようにしてください。

スポンサーリンク

さらに、ご祝儀と違ってお祝いの品は誰があげて誰があげていないのかが受付などで把握出来てしまうことがあります。

 

ある人はお祝いの品を持って行き、ある人はお祝いの品を持って行かないとなれば、持って行かなかった人の肩身が少し狭くなってしまう可能性もあるでしょう。

 

他の参加者に気まずい思いをさせないという意味でも二次会にお祝いの品を持って行くのは避けた方が良いと言えます。


どうしてもお祝いの品を渡したい時は二次会ではなく、また別の機会に会って渡すか、新居に直接送るようにしてください。

 

マナーということを考えた時にはこれらの方法を取るのがベストです。

 

自分の気持ちを表現することも大切ですが、二次会には色々な人が参加するので、そういった人たちのことも考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加