結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

二次会は会費がお祝い金となる

スポンサーリンク

結婚式に出席する人、その後の披露宴に出席する人、二次会に出席する人など、結婚式が行われる場合にはそれぞれ参加する人が異なってくる場合があります。

 

全てに参加する人もいるかもしれませんし、披露宴のみ、逆に二次会のみに出席するという人もいるでしょう。

 

披露宴では通常お祝い金としてご祝儀を渡すことが日本の風習の一つになっています。


では二次会から参加する人は、お祝い金は渡した方がいいのでしょうか、それとも渡さなくてもいいのでしょうか。

 

先に答えを言ってしまうと、二次会から参加する場合、お祝い金は渡す必要がありません。

 

二次会の会費の中にお祝い金が含まれているという認識をして大丈夫です。

スポンサーリンク

披露宴に参加してから二次会に参加する場合でも披露宴の場でご祝儀という形で一度渡しているので、会費以外のお祝い金は当然必要ありません。

 

二次会は参加することにも大きな意味があると思っておきましょう。

 

新郎新婦からすれば、二次会に顔を出してくれるだけでもお祝いになります。

 

決してお金を回収する為に人を招待しているわけではないのです。


披露宴は非常にお金がかかりますから、祝儀無しではそれなりの規模で行うのが難しくなりますが、二次会は少々赤字になるくらいで運営されていることも多いので、やはり参加する人の気持ちが最も重要になると言えるでしょう。

 

二次会では会費と同時にお祝い金を渡そうとする人も多くいますが、受け取ってもらえない場合が多いので、やはり用意する必要はないと言えます。

 

そのお祝い金の変わりは二次会を楽しむことと、新郎新婦を楽しませることであると考えておくのがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加