一眼レフデジカメはどのように運べばいい?

スポンサーリンク

男性の多くは、披露宴や結婚式二次会に参列する際に、特別にバッグを用意することなく手ぶらで参加しているようです。
女性と比べ、もともとそんなにたくさんの荷物を持ち運ぶ習慣のない男性は、財布や携帯電話などの貴重品はスーツのポケットにしまうことが多いですし、デジカメやスケジュール帳、アドレス帳の役割を果たすスマートフォンの普及により、ますます荷物が少なくなっています。


スマートフォン内蔵のデジカメは、かなり性能がよいので、デジカメ代わりに利用している人は多いと思いますが、すぐにバッテリーが切れてしまう心配があります。
一眼レフのような高精度のカメラを持っている人は、特にお願いされていなくても、せっかくだから結婚式二次会に持って行って、友人の大切な思い出を画像として残してあげてください。
何よりのプレゼントとして喜ばれます。

スポンサーリンク

ところで、一眼レフカメラには、どのように運べばよいか、という問題があります。
専用のバッグや小さめのビジネスバッグはどうしても野暮ったいですし、使っている間においておく場所にも困ります。
一番よいのは、レンズにプロテクトを付けて、頑丈な紙袋に入れて持ち運ぶことです。
紙袋なら使わない間は小さく折りたたむこともできます。


紙袋は、結婚式二次会参加用のスーツ姿にもすっきりとみえるように、女性もパーティー参列のサブバッグとして利用することが多い、ブランドのショッパーなど、スタイリッシュなデザインのものがおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加