披露宴にでたら結婚式二次会会費は不要?

スポンサーリンク

結婚式二次会は、たいてい会費制です。
結婚式二次会の会費にはご祝儀の意味合いがあるので、会費のほかにご祝儀を払う必要はありません。
特別にお祝いの気持ちを表したかったら、現金よりもなにか品物を、後日自宅に郵送するか、持参するのがよいでしょう。


親しい友人の場合、披露宴と結婚式二次会を立て続けに参加する人がほとんどです。
ダブルで出席する場合でも、披露宴は披露宴、結婚式二次会は二次会です。
ご祝儀と会費、当然それぞれ支払う必要があります。
ただし、仲間内なので気を使って、披露宴から引き続き出席してくれた友人の二次会会費をほかの参加者より割り引いたり、二次会費用を無料にしたりということもあるようです。

スポンサーリンク

披露宴から出席してくれる友人は、これからもこれまでも大切に付き合いを続けたい人でしょうから、それなりの配慮をしたいという気持ちは当然でしょう。
しかし、そのような場合、結婚式二次会で会計係をしてくれる人に余分な負担を与えることになります。


それよりは、披露宴から引き続き出席する人に負担をかけないように、二次会全体の費用を低く設定して、赤字が出たら、新郎新婦が補てんする、という形にした方が周囲に負担をかける心配もありません。
会費はそのまま頂いて、後日改めて内祝いを渡したり、新婚旅行に行ったとき、他の人よりもお土産をはずんだり、という方法もあります。
どれを選ぶかは、新郎新婦の考え方次第です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加