結婚式二次会の女性の服装のオキテ

スポンサーリンク

結婚式二次会に参加する女性には、守るべきオキテがいくつかあります。
まず、大前提として主役である新婦より目立つ格好はいけません。
結婚式において白は新婦のための色で、女性ゲストが着用するのはマナー違反です。
披露宴だけでなく、結婚式二次会でも同様です。


クリーム色やシャンパンゴールドなど、純白でないものはOKとされていますが、日中はともかく、夜の光の下では白系の淡い色合いの服は白に見えてしまいます。
夜に行われる結婚式二次会には避けたほうがよいでしょう。
肌の露出が多すぎる服も目立つ原因になります。
ノースリーブドレスの時は、ショールやボレロを着用して肌の露出を抑えましょう。

スポンサーリンク

次に全身黒づくしはNGです。
黒のドレス自体は問題ありませんが、全身真っ黒だと喪服を連想させるので、おめでたい席では不向きだといわれています。
若い女性は、場所を華やかに演出する役割もあるので、あまり黒い服の人が多いと、パーティー全体のムードが暗くなります。
可能ならば友達と相談して色がかぶらないようにすることをお勧めします。
明るくきれいな色のワンピースは、場を明るくするので喜ばれます。


主役である新婦より目立つのは論外ですが、披露宴から結婚式二次会に引き続き参加する場合、披露宴の衣装のままだと二次会から参加する人とのギャップが大きくなり、浮いてしまう恐れがあります。
出来るだけ着替えるか、小物を替えてカジュアルダウンを図ってください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加