結婚式二次会における男性の服装のオキテ

スポンサーリンク

結婚式二次会の服装について悩むのは男性も女性も関係ありませんよね。
けれども、男性は女性に比べると服装の幅が広くないので、女性よりは難しくありません。
基本的なマナーさえ押さえておけば大丈夫です。


まず、女性と同様に、主役の色である白や白っぽいスーツはNGです。
最近の若い男性は女性と同様ファッションを楽しむようになってきており、友人の結婚式の場合、披露宴でもダークカラーのファッショナブルなスーツとカラーシャツというスタイルが定着してきています。
無地だけでなく、ピンストライプのものも人気です。
二次会の参加にはもちろんブラックフォーマルは必要ありません。

スポンサーリンク

また、喪服を連想させる服装も結婚式ではタブーなので、披露宴に礼服で参加する場合、ネクタイはシルバーが一般的です。
披露宴と結婚式二次会に参加する場合、フォーマルスーツはキレイ目のスーツに着替えて、フォーマルでない場合でも、明るい色合いのネクタイにチェンジするだけで印象が変わります。


シャツも重要です。
スーツがダークカラーでも、白いシャツを着るとフォーマル感を出すことができますから、披露宴から結婚式二次会になだれ込む場合は、シャツをカラーシャツに替えるのもおすすめです。
シャツの下に着用するアンダーウェアにも注意しましょう。
シャツから透けて見えたときエレガントでないものは見苦しいものです。
結婚式二次会にかかわらず、男性のファッションの一番大切な要素は清潔感です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加