NGな男性の結婚式二次会の服装

スポンサーリンク

結婚式二次会には、披露宴に比べたら少ないですが、守るべきルールはあります。
結婚式二次会は、フォーマルなものから、居酒屋などで行われるカジュアルなものまでさまざまです。
当然その場にふさわしい服装は違ってくるので、この格好なら絶対大丈夫、というものはありません。
けれども、共通してNGなものがあるので、まずはそれを押さえておきましょう。


女性にとって披露宴や二次会のタブーは、主役の色である白を着ることですが、男性も同様です。
白は主役である新郎新婦の色なので、ゲストが着用するのはNGです。
暗いところや遠目から白に見える薄い色のスーツも避けましょう。
そして、主役より目立つ服装をすることもゲストとしてしてはいけません。
目立つ服装というのは、場にそぐわない服装です。
事前に二次会の会場と、パーティーの趣旨を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

最近は披露宴でも親族でない限りは礼服を着用しない人が増えています。
友人や職場の知り合いが集まる結婚式二次会に礼服を着用するのはフォーマルすぎます。
披露宴に礼服を着て出席し、二次会にも参加する予定のある人は、スーツに着替える方がよいでしょう。
ビジネススーツはNGです。


カジュアルな二次会で「平服OK」の場合でも、ジーンズにTシャツというラフな格好は避けましょう。
ゲストには新郎新婦を祝い、パーティーを盛り上げる役割があります。
そのことを第一に考え、周囲に気を配ればふさわしいスタイルがわかってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加