着席スタイルの結婚式二次会のポイント

スポンサーリンク

着席スタイルの結婚式二次会は、ある意味合理的な披露宴です。
ホテルのバンケットや高級レストラン、あるいはクルーザーで行われる結婚式二次会は、会費を払って参加するスタイルです。


一流シェフのフルコースを楽しむことができ、披露宴と同程度のもてなしが受けられます。
会場や料理の質にもよりますが、会費は1万円を超えることはないようです。
引き出物がないという点も、若い人には無駄がないと好評です。

スポンサーリンク

一方で披露宴も着式スタイルの宴会ですが、会費制ではなく、お祝いの気持ちをご祝儀という形で渡します。
ご祝儀の相場は、友人の結婚式の場合3万円程度です。
受けることのできるサービスと、支払う金額を考えたら、着席スタイルの結婚式二次会が合理的だということが納得できるのではないでしょうか。
着席スタイルの結婚式二次会は、親族だけで披露宴を開いた後、同じホテルの別室で数時間後に行われることが多いようです。


披露宴が親戚だけの場合は問題ないですが、このスタイルで披露宴と結婚式二次会をダブルで出席する場合、どちらも食事をしっかりと出されることになり、せっかくのおいしい食事を楽しむことができないという欠点があります。
もしもこのスタイルで披露宴と結婚式二次会の両方に出席してもらいたい人がいる場合、披露宴と二次会の間隔は2時間以上置く、ホテル内に休憩できるスペースを設けておくなどの配慮を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加