結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

結婚式2次会のファッションについて記事一覧

披露宴に参加し、その後二次会にも顔を出すという人は多いでしょう。どこかで時間を潰して二次会の時間になったら会場に出向くという場合が多いと思いますが、比較的カジュアルなお店で二次会自体もカジュアルな雰囲気を重要視するような意向が主催側にあるのであれば、それに合わせて披露宴で着たものとは別の洋服を用意しておいてもいいのではないでしょうか。スーツからスーツへ、又はドレスからドレスへ着替えるのはそれなりに...

二次会では新郎新婦側、さらに幹事などが気を遣ってくれる場合が多々あります。『どんな服装で訪れたらいいのか』と質問しても『何でも良い。気にしないで』と返ってくることが多いのではないでしょうか。これはただ単に気を遣ってくれているだけで、決して何を着ていってもいいというサインではありません。必ず正装、もしくは正装に近い服装で二次会には参加するようにしてください。もし迷っているのであれば、尚更正装にした方...

結婚式の二次会で、素足の人を見かけることがあります。私服の時はもちろん、スーツを着用しているのに靴下を履かずに素足で革靴を履いている人なども稀に見かけますが、日常生活ではそういったファッションをしていても、結婚式の二次会では靴下を履くようにしましょう。結婚式では、一次会でも二次会でも、基本的に素足はNGです。暑い日が続く夏は素足で過ごしたいと考える人も多いとは思いますが、それでも素足で二次会に参加...

主催側の意向で、出来るだけカジュアルな二次会を目指しているという場合があります。仲間内のみで行われるような二次会である場合が多いのですが、それ以外でも披露宴はそれなりにかしこまった厳かな雰囲気にしたので二次会は敢えて気取らない雰囲気でやろうというところも増えているようです。そういった二次会では招待状に服装のことに関して『ジーンズOK』と書かれている場合があります。ジーンズがOKと書かれていれば大抵...

披露宴にも言えることなのですが、結婚式の二次会においても、男性は新郎よりも目立つ服装をしてはいけません。二次会から参加する人はもしかしたら、『新郎の服装がどんなものなのかわからないのに、それより目立たない服装なんて予測不可能』と思う人もいるかもしれませんが、常識的に考えて派手な格好や、結婚式の際に新郎が着るような服装でなければ問題ありません。つまり、モーニングやタキシードなどは結婚式や披露宴の時に...

女性は結婚式の二次会に着ていく服装にそれなりの幅があるのですが、男性の場合は基本的にはスーツを着用することになります。今現在の日本ではこれ以外の選択はほぼないと言ってもいいでしょう。もちろん主催者側の指示でカジュアルな二次会を目指す場合にはスーツ以外のカジュアルな服装でも許される場合がありますが、特別断りがない限り男性はスーツを着用して二次会に参加することになります。スーツであれば何でも良いという...

男性は、かしこまった席には何を着ていけばいいのか困ってしまうことが度々あります。結婚式の二次会に招待された時でも服装に戸惑うことがあるのではないでしょうか。そんな男性がしてしまいがちなのが、全てを黒でまとめられた格好、即ちブラックフォーマルです。ブラックフォーマルはどんな場面にでも着ていける服装で、新郎よりも目立つことがないので結婚式の二次会に着ていっても問題ないだろうと考えがちなのですが、いわゆ...

男性は新郎より目立たない服装をセレクトする、というのが結婚式の二次会では基本になります。しかし、男性は女性と違い、通常のスーツを着ていけば新郎よりも目立ってしまうことはありませんし、特にマナー違反などもなくその場を過ごすことが出来るでしょう。とは言え、普段会社に行っているような格好で二次会に参加するのは少し抵抗がある、もう少しオシャレをしたいと考える男性もいるはずです。そういう男性はスーツを派手な...

男性は女性と比べるとお祝い事の場に何を着ていこうかさほど悩まないようです。形状がある程度決まっており、よほどオシャレな人でなければあまり気にせずに普段着用しているようなスーツでも結婚式の二次会に参加することが出来るので女性よりも楽なのかもしれません。しかし何も気にせず、家にあるものを適当に身に付けていけばいいというわけでもないので、結婚式の二次会に出席する予定のある人は自宅にあるもので問題がないか...

結婚式の二次会では、そこに着ていく服装がしばしば話題に挙がります。どんな服装を着ていけばいいのかわからない人もいますし、二次会と一言で言っても形式や場所によって少々その服装に違いが出る場合もあるでしょう。事前に『カジュアルOK』と言われることや、そもそもがカジュアルな雰囲気で問題ないような場所で結婚式の二次会が行われる場合があります。しかし、いくらカジュアルOKの場所であってもジーンズにTシャツは...

結婚式の二次会の服装で、男性は新郎より目立つ格好は御法度なのですが、女性ももちろん新婦よりも目立つドレスは絶対に着ていってはいけません。二次会でもドレスで登場することが多いのが新婦です。新婦は、新郎よりも格好が派手と感じる場合が多いものです。その日の主役なわけですから当然なのですが、もし女性が新婦よりも派手な格好をしていってしまったらひんしゅくものです。度が過ぎれば二次会の会場にすら入れてもらえな...

女性で、結婚式の二次会に何を着ていけばいいのか迷ってしまった場合は、スーツを選択すると何事もなく無難に過ごすことが出来るでしょう。スーツは女性にとっても非常に便利なアイテムであり、使い勝手の良い服装です。結婚式の二次会に着用して行っても何の違和感もなく、決して特別オシャレに見えるわけではありませんが、場を弁えていると思われるので周囲に与える印象は決して悪くはならないでしょう。女性の二次会に着ていく...

暑い時期に結婚式の二次会が行われる場合でも、女性は肌の露出に気を付けるようにしてください。お店の中に入るとクーラーが効いており肌の露出が多いままの格好ではかなり冷えてしまいますし、何よりも二次会というのは参加者が自分をアピールする場ではありません。肌の露出が多い服装はそれが例えファッションだと自分では思っていても、自分を他の人、特に男性にアピールをしているという風に捉えられてしまうため、二次会には...

女性は普段から靴にこだわる人も多いですが、結婚式の二次会に参加する時も是非靴にも気を遣うようにしてください。通常はパンプスを選択すると思いますが、基本的にそれで問題はないでしょう。ドレスやバッグ、アクセサリーなどとのバランスを考えて選ぶことが出来れば尚良しです。結婚式の二次会では出来るだけ履かない方がいいのがブーツやサンダルです。これはカジュアルな服装の時に履くことが多い靴です。最近では非常にオシ...

女性は、様々な理由によりとにかく荷物が多いです。男性にはなかなか理解されない女性の荷物の量ですが、しかし、結婚式の二次会に参加をする際は出来るだけ荷物の量を減らすようにしてください。男性は大丈夫だと思いますが、女性はお財布や携帯電話、化粧道具などなど、持っていなければ不安だと思うものが多数あり、それらを持ち歩こうとするとどうしても大きめのバッグを持つことになってしまいます。普段はどんなに大きなバッ...

結婚式の二次会と言えば、主役はあくまでも新郎新婦です。それは当然踏まえた上で、しかし女性であれば出来るだけオシャレに着飾ってそのような場に足を運びたいと考えるものです。新婦を目立たせなくしてしまうくらいの派手な格好は控えなければなりませんが、それなりにオシャレな格好をするのは許されます。しかし注意しなければならないこともあるでしょう。女性はパールのネックレスをドレスなどに合わせる人も多いと思います...

友人の結婚式の場合、結婚披露宴に参加して引き続き結婚式二次会に参加するということも多いのではないでしょうか。とてもおめでたいお祝いの席なので、よろこんで両方ともに出席したいところですが、披露宴が開催される時間にもよりますが、スケジュールはかなりタイトになり、結婚式二次会前に着替えるのは大変ですよね。しかし、結婚式二次会だけに参加する人もたくさんいます。とてもカジュアルな二次会の場合、披露宴と同じ格...

結婚式二次会は、たくさんの人に出会うチャンスです。友人同士の場合もあれば、職場の先輩や上司、時には親族も参加する場合もあります。特にフォーマルな二次会に新郎新婦の友人として参加する場合、あなたを通して新郎新婦の評価につながる場合があるので、気をつけなくてはいけません。特に大切なのは服装です。服装は人柄やその人の価値観を表します。最低限のマナーを守りましょう。ところで、結婚式二次会における最低限のマ...

友人や近しい人の結婚の話を聞くと、とてもうれしくなりますよね。幸せなオーラを分けてもらうためにも、招待されたら、他の予定をキャンセルしてでもぜひ結婚式披露宴や結婚式二次会に参加しましょう。結婚式二次会に参加する大きな目的は、新郎新婦を披露してもらい、お祝いすることです。そして、それだけでなく、実は友人の結婚式二次会は婚活にとても適した場でもあるのです。新郎新婦を祝福して幸せオーラを分けてもらいなが...

結婚式二次会に出席するときは、基本的に披露宴に準じた服装をしておけば問題はありません。披露宴より少しカジュアルな服装を意識するようにしたらほとんどの場合は大丈夫なようです。ただし、結婚式二次会には、高級レストランやホテルのバンケットを貸し切って行われるフォーマルなものから、居酒屋やカラオケボックスで行われるカジュアルなものまで、実に様々なスタイルがあります。つまり、披露宴とほぼ同様の格式の服装が求...

服装はその人の性格や趣味などを語るので、服装に気を使うのはとても大切なことです。それだけでなく、TPOをわきまえた服装をしないと、人間性を疑われてしまうこともありますし、服装をきちんとするだけで他人からの評価が高まることもあります。特に結婚式では、常識から外れた格好をすると批難されるのは常識のない友人を持つ新郎新婦で、自分だけの問題ではないので気を付けましょう。また、結婚式二次会は、友達や恋人に出...

正式なお祝いの席にはいろいろな決まりごとがあります。人生において最も大切なお祝いの儀式である結婚式にもさまざまなしきたりやマナーがあるので、披露宴や結婚式二次会に出席するとなると服装について悩みますよね。披露宴や二次会は、基本的に新郎新婦をお祝いするための場所です。心から祝福することが一番大切です。結婚式二次会は、披露宴より格式ばっていないので、難しく考えずに楽しんで参加しましょう。ただし、マナー...

結婚式二次会に参加する女性には、守るべきオキテがいくつかあります。まず、大前提として主役である新婦より目立つ格好はいけません。結婚式において白は新婦のための色で、女性ゲストが着用するのはマナー違反です。披露宴だけでなく、結婚式二次会でも同様です。クリーム色やシャンパンゴールドなど、純白でないものはOKとされていますが、日中はともかく、夜の光の下では白系の淡い色合いの服は白に見えてしまいます。夜に行...

結婚式二次会にはいろいろなスタイルがありますが、仲間内だけで居酒屋などカジュアルな場所で行われることもあります。このような場合は、「平服OK」の場合も少なくありません。しかし、カジュアルな場所での結婚式二次会に、普段着のままで出かけると、ただの飲み会とかわりませんよね。「デニムOK」の場合もありますが、よほど洗練されたデザインであったとしても、ジーンズの着用は避けた方が無難です。人間はとても単純で...

結婚式二次会の服装について悩むのは男性も女性も関係ありませんよね。けれども、男性は女性に比べると服装の幅が広くないので、女性よりは難しくありません。基本的なマナーさえ押さえておけば大丈夫です。まず、女性と同様に、主役の色である白や白っぽいスーツはNGです。最近の若い男性は女性と同様ファッションを楽しむようになってきており、友人の結婚式の場合、披露宴でもダークカラーのファッショナブルなスーツとカラー...

結婚式二次会には、披露宴に比べたら少ないですが、守るべきルールはあります。結婚式二次会は、フォーマルなものから、居酒屋などで行われるカジュアルなものまでさまざまです。当然その場にふさわしい服装は違ってくるので、この格好なら絶対大丈夫、というものはありません。けれども、共通してNGなものがあるので、まずはそれを押さえておきましょう。女性にとって披露宴や二次会のタブーは、主役の色である白を着ることです...

結婚式の披露宴や二次会は、幸せなオーラに満ちた楽しい場所です。うらやましい、自分も結婚したいな、と思ってしまう独身の参加者も少なくないのではないでしょうか。結婚式二次会にはさまざまなスタイルがありますが、友人や職場の同僚など気の置けない仲間を呼んでのパーティー、ということが多いようです。このように、比較的年齢が近いく、多少なりとも結婚願望を持った独身者が集う結婚式二次会は格好の婚活の場、ともいえま...

結婚式二次会で浮いてしまわないためには、事前にできるだけ情報を集めて、場のムードに合わせた服装をすることが大切です。結婚式二次会は、新郎新婦や幹事の趣向により、披露宴と同等にフォーマルなものから、いつもの飲み会と同じくらいカジュアルなものまで、いろいろなスタイルのものがあります。いろいろありますが、ダイニングバーなどを借り切ってのセミフォーマルな結婚式二次会に参加する機会が一番多いのではないでしょ...

披露宴ほどかしこまる必要はないとはいえ、結婚式二次会は髪型もこだわりたいところですね。結婚式二次会のヘアスタイルは、披露宴同様アップスタイルが基本です。服装と同様、主役である新婦より控え目にしましょう。髪飾りも、ドレスと同様白や白っぽい色のものはNGです。ただし、お祝いの席の必需品であるパールを使った髪飾りならば問題ありません。生花も豪華すぎて主役より目立ってしまう心配があるので普通は使いません。...

披露宴や結婚式二次会の髪型は、アップスタイルが基本だといわれています。そんなことを言われても、ショートヘアの人はどうしたらいいの?と思うかもしれませんが、ショートヘアは実は一番いろいろとアレンジしやすいのです。短いから、このままでいい、とは決して思わないでください。華やかなカチューシャなどのヘッドドレスを付けるだけでも華やかになりますし、フロントやサイドを編みこむだけでもムードが変わります。ヘアア...

披露宴や結婚式二次会に参加するときは、ドレスアップが基本です。ただし、主役である新婦よりも控えめにしなくてはいけません。せっかくのお祝いの席ですから、きれいに決めたいですよね。ヘアアレンジは、美容院にお願いするのがおすすめですが、場合によっては泊りがけで遠方にでかけなくてはいけないこともあります。新郎新婦が気をきかせて美容院を手配してくれることもありますが、いろいろと忙しい主役の手を煩わせないで自...

結婚式二次会は、お祝いの席なので、男性も女性もファッショナブルに決めて場を盛り上げましょう。男性の服装に関してはスーツ姿が一般的でしょう。普段のビジネススーツと差をつけるためには、小物やヘアスタイルにも気を配りましょう。サイズが合っているか、汚れや修理が必要な個所がないかチェックし、必要に応じてクリーニングに出したり、修理したり、あるいは買い替えたりレンタルしたりする時間的余裕があるうちにチェック...

結婚披露宴や結婚式二次会の装いは、場を盛り立てるために華やかに、ただし主役である新郎新婦よりも目立たないように、が基本です。披露宴ではよほど奇抜なことをしない限りは主役である新郎新婦よりも目立つことはないと思いますが、ウェディングドレスを着用していない結婚式二次会では配慮しなくてはいけません。きちんとドレスアップしつつ派手すぎない、結婚式二次会であろうとも、花嫁の色である白や白っぽく見える服やアク...

結婚式二次会は普段よりも華やかな場面である上、写真やビデオなどで撮影されることも多く、残るものなので、男性もいつもよりワンランクアップのおしゃれを楽しみたいですよね。けれども、スーツだけでワンランク上のおしゃれを演出するのは難しいですよね。そんなときは小物を活用しましょう。普段はアクセサリーを使う機会がないという男性も少なくないと思いますが、結婚披露宴や結婚式二次会は、ポケットチーフやカフスボタン...

披露宴や結婚式二次会に出席するときは、ドレスアップをするのがマナーです。ドレスアップした時は、バッグもアクセサリーの一部です。パーティーの装いにはビーズやスパンコールの、キラキラした素材の小ぶりなバッグがおすすめです。ただし、小さなバッグは機能よりも見た目重視なので、あまり中に物をいれることはできません。けれども、実際はお財布、携帯電話、化粧品、ハンカチの他に、カメラ、カーディガンなどのはおるもの...

男性は、結婚式二次会に参加するときの手荷物はどうしたらよいでしょうか。結論からいうと、これで決まり、という答えはないようです。セカンドバッグや小さめのブリーフケースなどを利用する人もいましたが、かえって野暮ったいことが多く、披露宴や結婚式二次会に参加するときの男性のバッグについては、もうずっと以前から永遠の課題のようです。披露宴に参加したら、引き出物の袋を頂き、ちょっとしたものを入れておくのに役立...

披露宴や結婚式二次会の服装にはいくつかタブーがあります。その基本は、主役である新郎新婦よりも目立つ格好はしない、ということにあります。具体的には、白は主役の色なので、ゲストは着用しない、黒は喪服を連想させるので、全身黒で統一した服はやめる、黒を選ぶ場合は、光沢のある素材のものにし、アクセサリーやストールは華やかなものにする、などです。結婚式二次会は、新郎新婦もかなりカジュアルなので、新郎新婦よりも...

披露宴や結婚式二次会は、楽しい場所ですが、服装やお祝いの仕方など、いろいろと考えなくてはいけないから大変ですよね。男性は服装のバリエーションが少ないので、女性に比べたら選択の余地が少ない分、楽だといえます。常識やマナーを考えて服装を選んだら失敗することはないでしょう。最近は挙式と披露宴は親族のみで行われ、結婚式二次会は友人だけでカジュアルに行われることも少なくありません。この場合は、ガチガチのフォ...

結婚式二次会に出席するとき、女性はパンツスーツでも失礼には当たりませんが、ワンピースやスカートにする方が無難です。スカートの丈は、長すぎず短すぎず、ひざあたりの長さが好まれます。大人の女性のマナーとして、自分の足が一番きれいに見えるスカート丈は把握しておきましょう。スカートの場合、ストッキングを着用が必須だとされています。披露宴や結婚式二次会に参加するとき、ストッキングにはいくつか決まりごとがある...

結婚式の時の男性のおしゃれとして、ポケットチーフの装着があります。ポケットチーフの本来の使い方とは直接結びつかないかもしれませんが、日本の結婚式におけるポケットチーフの使い方にはいくつか独特なルールがあります。友人代表として結婚式披露宴に参加する場合のネクタイとポケットチーフの組み合わせとして一般的とされているのが、シルバーのネクタイに白のポケットチーフです。この組み合わせはかなりフォーマルだとさ...

「おしゃれは足元から」といわれます。いつもよりもおしゃれをする披露宴や結婚式二次会会場では、ドレスだけでなく、パーティー用のすてきな靴を履いて、おしゃれを楽しみましょう。足元のおしゃれといえばやはりハイヒールです十分な高さのあるハイヒールは足を細く見せる効果もあるのでドレスアップにはおすすめです。けれども、立食形式の結婚式二次会の場合、慣れていない人には辛いですよね。ゲームなどで動き回る可能性もあ...

最近は若い女性の間で、自ら着付けを行い、日常的に和装を楽しんでいる人も多くなっています。結婚式二次会などのパーティーの装いに和装で出かける人も増えています。鮮やかな着物姿は、パーティーに花を添えることになるので、ぜひ着物でのお出かけをおすすめします。自ら着付けができなくても、パーティードレスのネタが尽きたときは、着付けをお願いしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。披露宴に参加する場合、未婚なら...

社会人になって数年たつと、学生時代の友人や職場の先輩や同僚の結婚ラッシュに遭遇します。とてもおめでたいことですし、披露宴や結婚式二次会の招待を受けたら、喜んで参加しましょう。しかし、現実的に、立て続けに披露宴や結婚式二次会に参加するのは、正直言ってスケジュール的にも金銭的にも大変ですね。共通の友達が続けて結婚する場合、衣装がかぶってしまうのでその都度用意しなくてはならず、お祝い金や結婚式二次会の参...