結婚式2次会での注意点、ファッション、マナー、ルールについて徹底解説

二次会から参加でお祝い金を渡す人は別の機会で渡す

スポンサーリンク

結婚式の二次会に参加をする時は多くの場合が会費を渡して参加をすることになると思います。

 

特に披露宴に出席せず二次会からの参加の場合は会場で受付に会費を渡すことになるでしょう。

 

二次会から参加する人の新郎新婦へのお祝い金というのはこの会費の中に含まれています。

 

ですから、これとは別にお祝い金を渡す必要はありません。


お世話になった人やどうしても気持ちを伝えたいという思いがある人であればお祝い金を渡すのもいいでしょう。

 

しかし二次会の受付にお祝い金として会費とは別に渡すことは避けた方がいいのではないでしょうか。

 

受付をしている人はあくまでも決められた会費を受け取る役目の人です。

 

披露宴などの受付の人とはまた性質が違いますし、あらかじめ会費以外は受け取らないようにと指示をされているかもしれません。

 

そうなればどんなに粘っても会費とは別のお祝い金を渡すことは不可能ですし、そもそも粘ること自体がとても迷惑な行為になってしまうので控えるようにしてください。

スポンサーリンク

披露宴に参加しなかった人がご祝儀という形でお祝い金を渡したいと思った場合は二次会とは別の機会に渡すようにしましょう。

 

また別の機会に新郎又は新婦に個別に会い、そこで改めてお祝い金を渡すのがいいのではないでしょうか。

 

披露宴以外のそういったお祝い金は気を遣って新郎新婦側が受け取りを拒否する場合もままあります。


もしお金を包むとしても気を遣うような金額にするのは避けてください。

 

新郎新婦はお金をたくさん貰うために結婚した訳でもありませんし、恐らくお祝いをしてくれるという気持ちだけで十分嬉しいはずです。

 

二次会から参加する人は基本的にはお祝い金は必要ないと覚えておき、どうしても渡したいと考える人は適切な金額を後日別の機会に渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加